神奈川ネットワーク運動第40回臨時総会開催 新たな体制でスタート

神奈川ネットワーク運動第40回臨時総会開催、新たな体制でスタートします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA8月22日(土)みなとみらいにある日本丸訓練センターにて第40回臨時総会を開催しました。役員選挙を行い以下の役員が新任されました。

共同代表 佐々木ゆみこ(宮前ネット/県議)、若林ともこ(ネット青葉)
事務局長 前田多賀子(厚木市民自治をめざす会)
組織部長 三宅真里(ネット鎌倉/市議)
総務部長 河崎民子(大和市民会議)
市民活動連携部長 岩本香苗(ネットさがみはら)

大河原まさ子さんをゲストに迎え政治サロンを開催

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前参議院議員大河原まさ子さんをゲストに迎え政治サロンを開催しました。  食の安全、都市農業、脱原発・再生可能エネルギー促進、NPO施策等、生活者の声が響く国政づくりにチャレンジされた6年間の活動を伺いました。

安全保障関連法案は廃案に

参議院において安全保障関連法案の審議が続いています。大転換することになる日本の安全保障政策への危機感から日ごとに法案廃止を求める声が高まり、安倍政権への強い抗議の声が上がっています。

7月16日、衆議院において与党は強行採決し、憲法学者の9割、内閣法制局の歴代長官が違憲と指摘する安保法案を数の力で押し切りました。  政府が、集団的自衛権を行使する要件とする「明白な危機」は全く不明瞭であり、自衛隊の海外活動も「現に戦闘が行われている現場以外」の制約がなく世界中に拡大しうるものです。政府が想定するシナリオと、法案によって現実に起こり得ると専門家が指摘するリスクは噛み合わないままです。
日本国憲法は、国際紛争を解決する手段として戦争と武力行使を永久に放棄し、戦力の保持と交戦権を否認しています。憲法をないがしろにし、なし崩し的に解釈で変えてしまおうとするこの動きはまさに暴挙です。

神奈川ネットワーク運動は、市民主権・立憲主義を無視し事実上の改憲を行おうとする本法案の廃案を求めます。戦後70年を迎えた今、ローカルパーティとして改めて、国を超えた人と人、地域と地域のつながりこそ重要であるとの認識にたち、今後も軍事ではなく市民による人間の安全保障を進めるため、市民社会における様々な実践を重ねていきます。
【神奈川ネット情報紙No.359視点より】
共同代表 三宅 なが子(ネット海老名)